スポンサー

10月17日は『沖縄そばの日』糸満照屋は【いーばる家】へ

はいさい!ブログを書いてる本日10月17日はなんと!!

「沖縄そばの日」ということらしいです。

沖縄に移住して2年目だけど去年は色々バタバタしてて「へ~」くらいで上の空!?だったけど

今年はちゃんと沖縄そばを堪能してきました

※沖縄そばの日とは

本土復帰をして四年目を迎えた1976年、設立されたばかりの「沖縄生麺協同組合」に対し公正取引委員会からあるクレームがついた。
その内容は、「沖縄そばは、蕎麦粉をまったく使用していないため、『そば』と表示してはならない」というものだった。「生めん類の表示に関する公正競争規約」 に基づくと、「そば」という名称を表示しるには、原料の蕎麦粉を三割以上使用していることが条件なのだ。
そうなると、県民に長く親しまれてきた「沖縄そば」が「沖縄風中華麺」と呼ばなくてはなくなる。そこで、「沖縄の食文化を変えてはならない」と立ち上がった のが沖縄生麺協同組合の当時の理事長土肥健一氏らだった。
まずは、沖縄総合事務局内の公正取引室に折衝に出向くがらちがあがず、直接東京の本庁へ足を運ぶ。雪が降る日も足繁く通い、数か月にわたる折衝を続ける。 その甲斐があって、1977年、条件付きだが晴れて沖縄そばの名称が認可された。
しかしこれには、「沖縄県内だけに限る」という制約がついていたため、同組合は更なる折衝を続ける。この交渉は、公正取引委員会から全国めん類公正取引協議会 へ移され、その中で特殊名称として「本場沖縄そば」を登録してはどうかという名案が生まれる。その結果、1978年10月17日、「生めん類の表示に関する公正競争規約」 別名での名産・特産・本場等の表示で、ついに「本場沖縄そば」として認証された。さぬき名産うどんや本場出雲そばなのについで、七番目に認可を受けた。
「本場沖縄そば」は原料や熟成、めんの太さにいたるまで、12の定義がある。どれか一つでも欠けていると、そう表示してはいけないのだ。
その後1987年4月5日、本土移出の正式認可を受け、本土市場への本格的な参入が始まった。
普段何気なく呼んでいる名称は、実はこうしたそばに携わる人々の努力の上に成り立っている。

 

 

とのことです。

そば粉を使ってないのに「そばを名乗るな!!」てな感じみたい!?

あ~昔の人はくだらないよね(笑)

で、今日は沖縄にきてから2回目の来店になる

沖縄は糸満照屋にある「すば処 いーばる家」さんに行ってきました~

絶対今日は混むんだろうな!?って思ったから開店11時の10分前にスタンバイ(笑)

場所は県道7号線から77号線に入り糸満ロータリーに向けて走り「照屋(西)」交差点手前左手に位置しています。

お店の前にどど~ん!さすがですね!混雑を予想してテイクアウトにも対応!

日本の茶屋をも彷彿させるなんとも風情のあるただ住まい!私好きですね~!!

僕が店内に入る頃にはあっという間にいっぱいになってしまいましたが、駐車場も広くて止めやすいですね(^^♪

店内です!きれいにしていて清潔感が溢れるます!奥はエル字式にお座敷、手前にはテーブル席といった感じです。このあと小上がりの座敷には家族連れで賑わっていました。

壁に貼られてメニュー表!沖縄そばはもちろん沖縄定番のチャンプルーやカレーライスなんかも置いてありました。

私が注文して沖縄そばのジューシーセット、ドリンク付き

カツオ出汁のきいたコクのある上品なお味!地元糸満は西崎製麺のちぢれ麺と合う

トッピングの三枚肉も艶をまとっていて中も柔らかボリューミー

そしてなんて言っても!?ジューシーが絶品!塩加減が絶妙で今まで食べたジューシーで一番美味しかった(^_-)-☆

沖縄そば日に美味しい沖縄そばが食べれて大満足の1日でした(^^)/

関連ランキング:沖縄そば | 糸満市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です