スポンサー

沖縄で軽貨物(黒ナンバー)を取得する方法、屋号がなければダメ?




黒ナンバー(軽貨物運送事業)

沖縄で軽貨物の許可について

(神奈川~沖縄陸路の旅)大阪で購入した

車屋さん名義のままになっている黄色ナンバーの軽トラックを

名義変更&新規に軽貨物事業許可を申請してきました

名義変更のみや許可申請のみの場合は手続きが異なる可能性もありますので参考程度まで

なお許可の申請については屋号が必要です。事前に車のドア部分などにカッティングシートなどで

たとえば〇〇運送、〇〇運輸など必ず入れてもらいましょう、ちなみに神奈川では特に必要ありませんでした。沖縄の運輸局では現場で必ず目視でチェックされます。(ガムテープなどで手書きでの応急的なものではダメです

まず名義変更にあたっては私の場合事前にいろいろやっておかないといけないことがありました。

①あたりまえですがまずは住所変更(転入届)ですね、神奈川の住所から沖縄に移すため、役所での手続きとなります。問題なく手続きが完了したらその場で住民票を発行してもらいましょうね。名義変更に必要な書類となります。

②税務署で開業届を提出。私の場合はすでに神奈川で個人事業主として活動していたので住所変更のみの手続きとなりました。なお前に述べたように許可申請につきまして屋号が必要なので念のため〇〇運送と変更しておきました ※ただ当日実際に開業届なので控えを提出することはありませんでした。

浦添にある陸運事務所へ

必要書類を持ちナビをセットしていざ陸運局へ

58号線から少し外れた工業地帯に位置してます。

軽貨物事業許可の申請窓口は2階輸送課にあります。

3名ほどの職員が在勤してましたがかなり個人まりとした感じでした。

案内をされて届出書等各用紙に必要記載事項を記入

住所や車の情報、運賃などを記載しますが

私は

その後実際に係の方が現車確認をいたします。

車に屋号が記載があるか車台番号は一致してるか等1~2分の確認で終わりました。

軽自動車検査協会へ

貨物の申請はこれで終わり

先ほど手続きした各書類の控えを持って今度は離れにあるの軽貨物自動車協会へ

ここでは名義変更が主な手続きとなります(名義変更してなおかつ黒ナンバー)

必要な書類のおさらいです

①さきほど申請した軽貨物事業許可控え

②車検証

③住民票

④車庫証明※沖縄は軽自動車でも車庫証明が必要です(駐車場を管理してる不動産屋や管理会社が発行してくれるはずです)

⑤前の所有者の委任状

またここでもで数枚の種類の記載があります

記載事項不備がなければ後は実際に新しい黒ナンバーを頂くだけです

もともと付いてた黄色のナンバーをドライバーで外して窓口で返却

その後新しいナンバーを取り付けて終了

ここでも30分くらいで手続きが終わりましたので

トータルで1時間ほどで終わりました

ただ12時から13時は昼休みで窓口が閉まってしますので注意しましょう

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です